こんにちは、もうお馴染みになってきましたかね・・・? きょんきょんです。

今回は先日の記事でも少し触れましたけど、エルメスの最上級のバッグ、バーキンとケリーの売買についての注意点です。まず、買取に関する事からですが、

 

エルメスのバーキン・ケリーの買取における注意点

  • 基本的に新品であれば、定価以上の取引を望むことが可能
  • 只、人気の低い色(茶色やグレー等の含まれたトーンの暗い色)、素材(スイフト素材がデリケートなので取扱いが難しい)の場合はそれに準じない。
  • 中古品の場合でも、エルメスの新品の買取相場が高騰しているので、中古品でも当時の定価以上になる事も!?
  • エキゾチックレザー、特にクロコダイルとリザードは市場的にも希少なんで、各買取店ともに仕入れに力を入れているので交渉をするべき
  • 使われている金具の色がゴールドカラーの方が高評価
  • バーキンは25cmや35cmよりも断然30cmが人気が高い
  • ケリーはミニサイズ(25cm、28cm)の外縫いが特に人気が高い

上記の内容を簡単にまとめると、

クロコダイルかリザード素材で小さいサイズのケリーかバ-キンの30cmで人気の色(明るめのポップな色)でゴールド金具はかなり高い金額で取引されている。

と、いう事です。

 

エルメスはカラーバリエーションが豊富にありますので、同じ様な系統の色でも値段が大きく左右します。

人気の高い色目でピンク系があるのですが、そのままの色名の「ピンク」だと人気がエルメス内でも1,2を争う程に高い人気なのですが、類似色で「ローズコンフェッティ」「ローズサクラ」等の色になって来ると人気がそこまで高くない傾向になります。

勿論人気の「系統」の色なので、最低限の基準はありますが、その差は歴然になっています。

 

上記の事を踏まえて、エルメスでバーキンやケリーを購入すると、手放す時もよりお得に取引する事ができます。